理想のマイホームを手に入れるために!新築一戸建て購入で押さえておくべきポイントを紹介

このサイトは理想のマイホームを手に入れるために役立つ、新築一戸建て購入で押さえておくべきポイントを紹介しています。
家を購入しようと思っているのなら、知っておいて損のない内容となっているのでおすすめです。
また、新築の一戸建ての内覧時に見るべきところも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
大切な家の購入を成功させるためにきっと役立ちます。

理想のマイホームを手に入れるために!新築一戸建て購入で押さえておくべきポイントを紹介

新築一戸建てを購入するためのポイントを知りたいという人もいるのではないでしょうか。
新築一戸建てを手に入れるなら地盤をはじめとした、自然災害の可能性を確認することが大切です。
何といってもまずは安心して暮らせるかどうかポイントになります。
さらには最寄り駅からの距離や家の周辺の治安や、商業施設の位置なども確認したいところです。
もちろん間取りも重要な点で、暮らしやすい生活動線・家事動線に配慮されているかが大切です。

マイホームに新築一戸建てを選びたくなるメリット

家族を持ったらいつかはマイホームを手に入れたいと思う方も多いでしょう。
一軒家にするかマンションにするかその形は様々です。
新築一戸建てを選びたくなるメリットは、まずは独立していることです。
隣近所に家はあるかもしれませんが、独立して建っていると振動や声などもあまり気にせずに生活することができます。
特に小さいお子さんがいらっしゃるお宅では近所への騒音は気になるところですが、一軒家であればほぼ問題はありません。
お庭を有効活用したい場合にも新築一戸建てはおすすめです。
マンションでも共有できるお庭がある場合もありますが、やはり他者に気を遣わなければなりません。
その点一軒家なら気兼ねなく使えますので、バーベキューやキャッチボールなど自由に楽しむことができます。
住まいは毎日長い時間過ごす場所ですので、気を遣ったり遠慮をしたりしていると疲れてしまいます。
新築一戸建てを選んで家族が笑顔になれる毎日を送りたいものです。

新築一戸建てを購入するときの注意点

資金力とライフスタイルを事前に客観的に評価すると、暮らしやすい新築一戸建てを見つけることができます。
一方で理想とする物件が見つかった場合でも、金額面で購入が難しい場合もあります。
しかし顧客と向き合いながら物件を探す不動産会社を活用すると、リーズナブルな価格帯で快適に暮らせる新築一戸建てを買うことができます。
また物件を探すときの注意点としては、購入者が主体的に現地を訪れて情報収集することが挙げられます。
特に最寄駅から物件がある場所まで実際に歩いてみることが、周辺環境が生活の利便性を重視した住まい探しに直結します。
そして建物内部の設備などを丁寧に調べることも重要ですが、そのためには事前に建築に関する知識も身に着けることが大切です。
住まいを買う人を対象にしたセミナーに参加すると、見学する場合のチェックポイントも学べます。
基礎などの目に見えない部分を重視したいときには、建設中の物件の中から選ぶことも検討するべきです。

新築一戸建ての購入に必要な費用の内訳

新築一戸建てを購入するときに必要な費用は、新築の建造物だけではありません。
新築一戸建てとなると他にもさまざまな出費があるため、購入の際にはあらかじめその内訳をチェックしておく必要があります。
まず、手付金というものが発生します。
これは物件の購入が決定したときに発生し、買主が売主に払う金額を指します。
相場は物件価格の5パーセントから10パーセント程度とされており、たとえば4000万円の新築一戸建てであれば200万から400万円別途必要になる計算です。
他にも印紙税や登録免許税といった引き渡し時に支払う金額が発生し、一戸建てに関する売買契約書は課税対象の文書となるためで、1万円から2万円程度が相場となっています。
引き渡し後に必要になる出費もあり、それは不動産所得税です。
不動産を取得した人が都道府県に支払う税金で、購入した人は必ず払う義務が生じるもので、固定資産評価額に基づいているため費用にはバラつきが生じます。

新築一戸建て購入時に交わす売買契約書のチェックポイント

新築一戸建ての売買契約書には、チェックポイントがあります。
確認を怠ると後でトラブルになりかねないので、しっかりとチェックしましょう。
売買契約書でまず確認したいのは、購入する新築一戸建ての物件表示と売買面積です。
住所や敷地面積、建物の構造に床面積とあらゆる部分で相違がないか確認してください。
次にチェックしたいのは、売買代金と支払い方法についてです。
総額だけではなく消費税の金額に手付金、支払い方法や住宅ローンの申込情報、それから違約金の取り決めも確認しておきましょう。
新築一戸建てでもチェックしておきたいのは、瑕疵責任です。
物件の引き渡し後に問題が発生するケースもあるので、瑕疵が見つかったときの対応やどのような不具合を瑕疵と認めるのかなどなど、トラブルになりやすい部分なので入念に確認してください。
他にも引渡時期や引き渡し前の減失や毀損、ローン利用の特約などあらゆる条件をチェックし問題がないか確かめます。

筆者:安里千春

筆者プロフィール

福島県田村市生まれ。
一戸建てを購入するにあたり、周辺の利便性と共にハザードマップなども参考にして決めました。
奈良で新築一戸建てを探す